旅立つPIANO


楽器を手放すのは辛いものだ。

例えそれがどんなに

おゾイ(粗悪な)楽器でもだ。

なので楽器だけはサンタには売らない

(サンタの倉庫は高山のリサイクル店。)

知ってる人に使って欲しいからだ。

楽器を手放す心境は、

「ドナドナ」とか「達者でナ」だ。

昔、ローズ(フェンダーのエレピ)の

スーツケースを売ってDX7を買った。


この時もしお金があれば売りたくはなかった。

(当時DX7を持ってないと仕事が取れなかったのだ。

事務所から電話がかかると、まず所有楽器を聞かれる。

要するに楽器のレンタル料をケチっているのだ。)

ただ嬉しかったのは、買ってくれたのが

東京バナナボーイズのGOROさんだった事。

きっとその後の作品に使われたんだろうな。

GOROさん、佐々木悟郎、イラストレーター。

水彩画で有名。スイングジャーナルの表紙など作品は多数。

だが、週末はミュージシャンに変身してた。

土曜日になると

押し入れからでっかいスチューダーのマルチを引っ張り出して

和室で録音だ。

それがそのままTVのCMやドラマのBGMに使われてた。

♪アぁぁ〜トぉ〜引越しぃ〜センタぁ〜へぇ〜


これも東京バナナボーイズだ。

ムツゴロウさんの番組もやってたな。

僕もその現場を目の当たりにして

自宅録音野郎になった。

今までで一番辛かったのは

中学から愛用してたARIAのフォークギターを

当時よくつるんでたおっさんに譲ったら

すぐに誰かにあげてしまった事。

このおっさん、こういう事が1度や2度ではないのだ。

なので、もうまったく付き合ってない。

今回Aishaの閉店に伴い

PIANOの行き先に心痛してたのだが

小坂の今井さんが買ってくれる事になり

一安心している。

いつでも会いに行けるのだ。

このPIANO、岡兵楽器で

何十台ものPIANOから選び抜いた優れものだ。

なので、知らない奴には売りたくなかった。

あの田口真君もベタ褒めだった。

(田口君は古い友達で、今は香西かおりとか

狩人のバックをやってるピアニスト。)

店に置いてからは、主にライブで弾いてた。

亡くなったナオちゃんも弾き語りで

スティーリーダンを弾いてたな。

ここんとこ引越し作業が続くが

あと正味1ヶ月半だ。

頑張ろう!

ちゃんちゃん。


Recent Posts
Archive
Follow Me
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square