旅立つPIANO


楽器を手放すのは辛いものだ。

例えそれがどんなに

おゾイ(粗悪な)楽器でもだ。

なので楽器だけはサンタには売らない

(サンタの倉庫は高山のリサイクル店。)

知ってる人に使って欲しいからだ。

楽器を手放す心境は、

「ドナドナ」とか「達者でナ」だ。

昔、ローズ(フェンダーのエレピ)の

スーツケースを売ってDX7を買った。


この時もしお金があれば売りたくはなかった。

(当時DX7を持ってないと仕事が取れなかったのだ。

事務所から電話がかかると、まず所有楽器を聞かれる。

要するに楽器のレンタル料をケチっているのだ。)

ただ嬉しかったのは、買ってくれたのが

東京バナナボーイズのGOROさんだった事。

きっとその後の作品に使われたんだろうな。

GOROさん、佐々木悟郎、イラストレーター。

水彩画で有名。スイングジャーナルの表紙など作品は多数。

だが、週末はミュージシャンに変身してた。

土曜日になると

押し入れからでっかいスチューダーのマルチを引っ張り出して

和室で録音だ。

それがそのままTVのCMやドラマのBGMに使われてた。

♪アぁぁ〜トぉ〜引越しぃ〜センタぁ〜へぇ〜


これも東京バナナボーイズだ。

ムツゴロウさんの番組もやってたな。

僕もその現場を目の当たりにして

自宅録音野郎になった。

今までで一番辛かったのは

中学から愛用してたARIAのフォークギターを

当時よくつるんでたおっさんに譲ったら

すぐに誰かにあげてしまった事。