♪アッコちゃん来たかと‥


横浜時代の高級クラブでの話。

とにかくチャージが高い。

座るだけで¥30,000!の店。

お客は、ほとんどがスキンヘッド。

坊さんとヤーサマだらけ。


毎日、珈琲を飲みに

ロールスロイスで通う坊さんも。


毎日¥30,500!!

バンドは、ピアノトリオと

チェンジの弾き語りのおっさん。

それと日替わりで

ボーカルのオネーちゃん達が来る。

PAはいちおうあるが、

ヴォーカルのお姉ちゃんのマイクに

残響を付ける程度で

他の楽器は生音だった。

ピアノは気兼ねなく弾ける。

W Bassもそれなりにアンプで鳴らせる。

が、ドラムは蚊の鳴く様な音量で

叩かないとバランスが取れない。

店からもクレームがくる。

すべてブラシで演る訳にも行かない。

なんたってライドシンバルは

スティックじゃないとね。

それと16系なんかのハイハットも‥。



そこでドラムの大野君は考えた。

最初は竹ヒゴを束ねた奴。

だが、これも

音量はあまり抑えられなかった。

そこで次に考えたのが”菜箸”。

これならかなり音量が抑えられる。

と喜んで望んだ1stステージ。

ところが運悪く、というか

当然というか、

横に座ったヤーサマに絡まれた。

「おい、それ台所の奴だろ!」

「おい、そんなんで演るんか!」

ステージが終わるまで

絡まれまくった。( ; ; )

前にも話したが、怖わぁ〜い人だらけなのだ。

そんな店での身の毛もよだつ話。

まぁ、お化けが出たわけではないのだが、

ある日いつもの様にトリオで2,3曲演奏してた。

そこへ、Tみどりさん譜面を抱えて登場。

「KeyはG、ブルースで。」

と言ってカウントを出した。

僕は何も考えずイントロを作って弾き出した。

曲が始まって少したったら

Bassのまっちゃんが真っ青になっている。

何だ?とよくよく耳を澄ませたら、

みどりさん、英語風に歌ってはいるけど、

その歌詞は

「アッコちゃん来たかと

通りの表まで来たけれどぉ〜♪」

秘密のアッコちゃんの唄なのだ!!

確かにこれはブルースだ。

だけどこの状況で(ヤーサマだらけ)

平気で歌えるみどりさんって‥。

それと店にバレたら即クビだ。

ステージが終わっての休憩時間での

みどりさんの小悪魔的な笑い顔。

只者ではない!

あの顔とあの出来事は

一生忘れないだろう。

みどりさん、

あのあとCDデビューしたな。

ちゃんちゃん。


Recent Posts
Archive
Follow Me
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square