定食屋


定食は、取り敢えず“安”ければ嬉しい。

お江戸の頃は江古田と言う

学生街に住んでいたので

安い定食屋が何軒かあった。

仲間内では”レモン”と呼んでいた定食屋は

確か一番安い定食が¥250だったと思う。

コロッケ定食だったかな。

僕はいつも唐揚げ定食¥350を食べていた。

鳥の唐揚げとキャベツの千切り

それにどんぶり山盛りのご飯と味噌汁

それからお新香も付いてたかな。

何故“レモン”と呼んだかと言うと

水の代わりにレモン味の液体が出されるから。

まぁ、無果汁の粉ジュースだと思うけど。

ある日、武田君がボソっと呟いた。

「あの鳥の唐揚げ、たぶん鳩だよ。

だって骨が細すぎるもん。」

ちょっと衝撃的な一言だったけど

そう言われてみれば骨が細すぎる様な‥。

でも安いし旨いからいいのだ!


おもしろかったのは、

そこでいろんな人に出会った事。


ミュージシャンはみんな貧乏なので

みんな“レモン”派なのだった。

田口君とばったり会って

仕事をもらったこともある。

さてもう一軒、こっちは強烈に安い店。

”愛情ラーメン”。

ラーメンとチャーハンで¥210!!

当時でも破格の安さだ。

ただしキビシイ掟があった。

“全部食べ終わるまで喋るな!”

たぶん店主、学生達がべちゃくちゃ喋りながら

ダラダラと食べてるのが嫌だったのだろう。

出来立ての熱々を旨いうちに食べて欲しいのだ。

料理を作って出す人の気持ちは痛いほどわかる。

一番うまい出来立て熱々を出しているのだ

カクテルだってそうだ。

グラスも冷やしてキンキンで出してるのに、

それを30分もかけて飲むってどうよ。

ロングなら仕方ないけど

ショートカクテルは一気飲みが基本だ。

とシュガーヒルのマスターに教わった。

さて、コロナのおかげで

外食に行く気も起きない。

早く終息して欲しいなぁ。

ちとせの味噌ラーメン、

大黒屋のころ蕎麦の大盛り‥。

朝日町にも行きたい今日この頃です。

ちゃんちゃん。


Recent Posts
Archive
Follow Me
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square