マルエム


子供の頃

「街へ行く」と言えば

本町だった。

店は今とそんなには変わらないが

人出が全然違う。

毎日が24日市の様な感じだ。

今では信じられないが

年末なんか人だらけで

クリスマスソングが流れていて

すんごく幸せだった。

そんで小さい頃、一番ワクワクしたのは

おもちゃ屋「たなはし」だった。

今、考えれば狭い店なのだが

キラキラして天国の様な場所だった。

もちろん買って貰えるのは

たまぁ〜にだったけど。

小4くらいになると

おもちゃよりもプラモや

ラジオ工作に興味が移った。

それにドンピシャな店が

マルエムにあった。

マルエムは、かじ橋のそば

今のホテルa-1の辺りにあった。

覚えているのは、入ってすぐに

ケーキ屋があった事。

多分他にも色々店はあったのだろうけど

まったく覚えていない。

お目当ての店は一番奥にあった。

プラモデルやラジオの部品

なんかが置いてある狭い店。

自分にとってはお宝だらけの店だった。

お金なんか持って無いので

外から眺めてた。

そんで正月とかお金をもらうと

すっ飛んで行ってた。

持ってるお金ギリギリで