ブラバンの想い出


小学生の頃は鼓笛隊で小太鼓だった。

いちおう試験があって一番で合格した。

その頃、実業のブラバンが演奏にきた。

星条旗よ永遠なれ!でやられた。

カッコいい!!

中学に入ったら絶対ブラバンに入る!

と決めていた。

しかし中学入学式の日、

デッカいお兄さんたちに囲まれて

うむお言わせず柔道部に入れられた。(泣)

一年間、受け身と投げられ役の毎日だった。

体育館で投げられているその横で

ブラスバンドが練習していた。

むむむ。

それでやっと2年になって

晴れてブラバンに入ったが

やりたかった楽器は埋まっていた。

いちおう希望は

1、トランペット

2、小太鼓

だったのだが‥‥。

あてがわれたのは、スーザ

スーザホンだった。

あの一番でっかくて重い奴だ。

それもマウスピースを刺すところが折れている

厄介な代物だった。

しょうがないのでいちおう練習したが

すぐに吹けた。