駄菓子屋の想い出

昭和30年代の終わり頃

子どものこずかいは10円だった。

もちろん毎日貰える訳ではないのだが‥。

それを握りしめて駄菓子屋へ走る。

こうどう保育園の前に「加藤商店」があった。

お菓子から飴、オモチャ、クジ、イモ天‥。

とりあえず5円を投じてくじを引く。

戦艦やピストルのオモチャなどが当たるのだが

滅多に当たらない。当たった記憶もない。

でも良いのだ。夢を買っているのだ。

それで後は残った5円で

2円の飴と3円の飴を買うのだ。

ガラスの入れ物に綺麗な飴が並んでいる。

確かひとすくい1円50銭とかからだった。

ちょっとデッカい飴は実はあまり美味くない。

ちょっと小さめなのがうまかった。

また、たまにはイモ天も買った。

高山のイモ天は味つきだ。

甘辛の味が付いている。

ところで某「○野」。

確か5つの頃、

2週間引き続けたクジがあった。

デッカい「王将」のチョコレートが一等賞のクジだった。

とにかく欲しかった。

毎日毎日スカスカスカスカが続いた。

そんな日が続いたある日

「一等賞!!大当たり!!」が出た。

「やったぁ〜!!」と大喜びで

おばちゃんから「王将」を受け取った。

が、その時気付いた。

「か、軽い!?」

さっそく家で袋から取り出してみたら

上げ底だった。0.5mmくらいの板状の物が

「王将」の形に打ち出されている代物だった。

かなりショックだった。

見た目は少なくとも

4cmくらい厚みがあるように見えたからだ。

ただショックはまだまだ続く。

口どけがないのだ。

というかチョコの味もしないし

全然お菓子ではない代物なのだ。

考えてみれば真夏の炎天下、

店先で2週間陽に当たっていても

溶けない代物なのだ。

Shing118少年はこの時

人生の無常を初めて身にしみて感じたのでした。

ちゃんちゃん。

Recent Posts