ピアノ弾きへの道 vol.2

「ピアノ弾きへの道 vol. 2」

高校もそろそろ終わる頃、どうしても音楽がやりたくて

周りの人に相談したら「それなら音大に行くといいよ。」と言われた。

なので音大をめざしたが、もちろん入れる学校など無かった。

本当は中学の頃から行きたかった学校があった。

POPSやJAZZ専門でカッコよくて憧れの学校

「ネム音楽院」だ。

だが、僕が高校を卒業した年に閉鎖になった。(T . T)

それで仕方がないので本屋に行って、

音楽学校案内なるものを買ってきた。

ただ、見ててもなぁ〜んもわからないので

エイャ!!と開いたページの学校に行く事に決めた。

かなり乱暴だがしょうがなかった。

ただそこの学校、なんとなく僕でも入れそうな予感はした。

それで、入試用にソナタを弾け!と言うことだったので

たまたま持っていたソナチネをパラパラとめくって

ソナタと書いてあるベートーベンの曲にした。

すんごく練習した。バンバンに弾ける様にして試験に臨んだ。

それで当日、張り切って弾きだしたら、すかさず試験管から

「ソナチネはソナタではない!!」と言われ、そして

演奏の途中で嘲笑とともに止められてしまったのだ。(T . T)

「これで落ちたなぁ‥。」とか思ってたら

その学校、そんな僕でも入れたのだ。

要するに寄付金を余分に払えばいいのだ。

親には迷惑をかけたものだ。

しかし入っては見たものの〝クラシック専門〝の学校なので

自分の目指す音楽からはほど遠い内容だった。

そしてまたまた悲しい事になんとその学校、

少し前まではJAZZ科があったらしいのだ。(T . T)