ピアノ弾きへの道 vol.2

「ピアノ弾きへの道 vol. 2」

高校もそろそろ終わる頃、どうしても音楽がやりたくて

周りの人に相談したら「それなら音大に行くといいよ。」と言われた。

なので音大をめざしたが、もちろん入れる学校など無かった。

本当は中学の頃から行きたかった学校があった。

POPSやJAZZ専門でカッコよくて憧れの学校

「ネム音楽院」だ。

だが、僕が高校を卒業した年に閉鎖になった。(T . T)

それで仕方がないので本屋に行って、

音楽学校案内なるものを買ってきた。

ただ、見ててもなぁ〜んもわからないので

エイャ!!と開いたページの学校に行く事に決めた。

かなり乱暴だがしょうがなかった。

ただそこの学校、なんとなく僕でも入れそうな予感はした。

それで、入試用にソナタを弾け!と言うことだったので

たまたま持っていたソナチネをパラパラとめくって

ソナタと書いてあるベートーベンの曲にした。

すんごく練習した。バンバンに弾ける様にして試験に臨んだ。

それで当日、張り切って弾きだしたら、すかさず試験管から

「ソナチネはソナタではない!!」と言われ、そして

演奏の途中で嘲笑とともに止められてしまったのだ。(T . T)

「これで落ちたなぁ‥。」とか思ってたら

その学校、そんな僕でも入れたのだ。

要するに寄付金を余分に払えばいいのだ。

親には迷惑をかけたものだ。

しかし入っては見たものの〝クラシック専門〝の学校なので

自分の目指す音楽からはほど遠い内容だった。

そしてまたまた悲しい事になんとその学校、

少し前まではJAZZ科があったらしいのだ。(T . T)

それでしょうがないからクラシックを嫌々やっていた。

そしたら寮の武田君がJAZZを習っていると言う。

なんとJAZZ科は無くなったけれど、

まだ少しだけレッスンが続いてるクラスがあると言う。

さっそく学校側に掛け合って

なんとか副科ピアノとして習える様になった。

が、最初に習った先生のプレイが好きになれなかった。

今考えれば〝バドパウエル〝の路線なのだが、

当時の自分にはその良さが理解できなかった。

そんな時、隣の部屋からカッコいいピアノが聞こえてきた。

これこそ自分の求めている音楽だ!と思った。

それでまたまた学校側に先生を変えてくれ!と嘆願したら

「生徒の分際で先生を変えろだと!!」と言われ、相当怒られ、

結局干されて、誰にも習えなくなってしまった。(T . T)

と言うわけで、すごくやる気のある18歳のshing118少年は

打ちひしがれて非行に走る、、、のではなく

独学でJAZZを勉強しだしたのである。

ところでEL&Pを目指してるのに、何故JAZZなのかと言うと

ミュージックライフのエマーソンのインタビューで

「僕になりたかったらJAZZをやりなさい!」と書いてあったから。

当時の僕は〝JAZZ〝などと言うと11PMの

じいちゃん達がやってるJAZZしか知らず、まったく好きでは無かった。

ただ高校の頃ジャケ買いした秋吉敏子さんの「孤軍」は大好きだった。

特に1曲目のエレジーは今でも時々聞いているくらいだ。

と言うわけで〝独学〝の厳しい道に突入したshing118少年は、

しょうがないので楽器屋に行って教本を探した。

今みたくいろいろあるわけではなかったが、

ある一冊の本に出会った。

坂元輝さんの教本だ。

これなら一人で出来る!と確信した僕は、

さっそく頑張って「枯葉」から取り組んだ。

またその本にはBASSラインも載っていたので

ついでにBASSも勉強した。

そんなこんなで一年間、独学は続いた。

学校側も一年経ってやっとお許しが出て

晴れて憧れの〝あの先生〝に習える事になったのだ!

長くなったので、この先はまた今度。

さて〝あの先生〝とは誰でしょう?(笑)

続く

Recent Posts