ピアノ弾きへの道 vol.1

「ピアノ弾きへの道 vol 1」

子供の頃(今からウン十年前)

クラスにひとりかふたりは、ピアノが弾ける女の子がいた。

音楽の時間なんかに先生の代わりに歌の伴奏なんかしていた。

すごく憧れた。 

羨ましかったなぁ。

当時、男の子はピアノなんか習っている子はいなかった。

なので僕も親に頼んでみたが却下だった。(T . T)

まあ、その後5年生になった頃、やっと習わせてもらったのだが、

ピアノなど買ってもらえず、電動ブーブーオルガンを買ってもらった。

念願かなって、さっそくワクワクして習いに行ったのだが、

最初に習ったのは〝バイエル〝だった。

僕がやりたかったのはタイガーズとかスパイダース、

なので一気に気持ちが萎えてしまった。

だが、せっかくオルガンも買ってもらったので

それなりには一生懸命練習はした。

そうこうするうちに〝ギター〝に出会った ! !

3千円也のクラシックギターだったけど

教本を手に入れて毎日練習した。

コードなるものを覚えれば覚えるほど、伴奏できる曲が増えていった。

当時はフォークが流行っていて、いろんな音楽雑誌が出ていた。

その中にチューリップの財津さんの記事があり、

「ギターが弾ければピアノは簡単!」と書いてあった。

その言葉を信じて音楽室のピアノに向かった。

すでにかなりの数のギターのコードを覚えていたので

それをちょっとづつピアノに置き換えていった。

と言うか6本の弦の音を一つづつピアノの鍵盤で探していった。

そんな事を一生懸命毎日やっていったら簡単なコードならピアノで弾ける様になった。

またその頃、五輪真弓さんの「少女」が流行っていた。メチャクチャカッコよかった。

なので、まずギターでコピーしてそれをピアノに移していった。

(あとでわかったのだが、あのピアノはキャロルキングが弾いていたのだ!!カッコいいわけだ!!)

また、その頃〝ペダル〝の使い方も自己流でマスターした。

みなさんは驚くと思うけど、ピアノは実はほとんどペダルで弾いていると言っていい。

もちろん鍵盤で弾いた音が鳴っているのだが、

音が伸びている箇所は、ほとんどペダルで伸ばしている。

なのでペダルが上手になればピアノは弾けるのだ。

と言うわけで、それなりに〝ピアノが弾ける少年〝になった。

高校に入ってギターは続けていたけれど、その頃〝衝撃的な出会い〝があった。

EL&P エマーソン、レイク アンド パーマ である。

まだバイエルもちゃんと終わってなかったのだが、

エマーソンにしびれてしまった。

寝ても覚めてもEL&Pばっかり聞いていた。

かといってコピーなど出来ないし、何も弾けないので

苦肉の索、黒鍵奏法を編み出した。

要するにピアノの黒い鍵盤ばっかを弾くのである。

弾き方によっては〝中華〝っぽくなってしまうが、いいのである。

うまく弾けばカッコよく聞こえるのである。

昼休みになると音楽室にいってグランドピアノに向かい

「〝黄河〝弾きます!!」とか言って黒鍵をそれらしく弾くのである。

弁当を食べに来ている女子たちが嫌ゃ〜な顔をして出て行ってしまうがいいのだ。

まぁ、そんな高校時代を過ごしたshing118少年は、

ついに東京に進出するのだが、長くなるので今日はこのへんで。

!

Recent Posts