歌伴

April 10, 2018

昔、ピアノの仕事を始めた頃は、世の中にカラオケなんぞ無かった。なので突然「歌の伴奏」をさせられる事があった。

それで自分の知っている曲なら何とか誤魔化せるのだが、何たって歌うのは自分よりだいぶ年上のおっさん達なので、古い曲ばっかりで困ったものだ。もちろん譜面はない事はないのだが、もともと楽譜が苦手でなおかつ目が極端に悪いので役には立たなかった。また、おっさん達はたいがい遅らせて歌うのでかなり困ったものだ。おっさん達は「遅らせて歌えば上手く聞こえる。」というとんでもない錯覚をしているのだ。

美空ひばりや森進一などは、遅れて聞こえはするのだが、ちゃんとリズムに乗っていて合わせるところはバッチリ合っているのだ。

ところが時代が変わりカラオケが世の中に登場するや否や一気に仕事が減った。銀座などの高級クラブなど、ただのBGMだけのピアノ弾きなどお払い箱になった。カラオケの登場で全国のバンドマンはかなりの数、仕事を失った。

ところで巷の高級クラブのJAZZの歌伴の現場。それはかなり強力なものだ。まずPIANO TRIO

で2、3曲弾いているとドレスを着た歌のおねーさんが譜面を持って現れる。そして目の前に4、5曲譜面がおかれる。もちろん初見だ。TRIOの演奏が終わると間髪を入れずにカウントが来る。それで初見の譜面をガン見して咄嗟にイントロを作って弾き出すのだ。そこでコケたら全てPIANO弾きの責任になる。どこの現場も曲間は2秒と決まっているのだ。無音状態が店にとって一番まずいのだ。

今、考えるとよくやっていたなぁと思う。まあ、かなりいろんな人たちに怒られてはいたのだが‥‥。

ただ当時救われた言葉があった。みゆきさんに言われたのだが、「イントロはPIANOの責任、エンディングはボーカルの責任。」という一言だ。それからは取り敢えずイントロだけに気合いを入れたのだった。

歌伴は苦手である。

 

 

Please reload

Recent Posts

June 30, 2020

June 14, 2020

Please reload

Archive
Please reload

Follow Me
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square

Aisha営業時間

★ランチはもう出来なくなりました。今のところ週末だけやろうかと熟考中です。

★貸切り・イベント・パーティー・セミナー‥etc ​30人程度の椅子あります。簡易なホワイトボードやPAあります。モニター2台(ご要望でプロジェクターも有り)、Blu-ray、DVD、VHSあります。食べ物、飲み物も出せます。お気軽にお問い合わせください。

Aisha連絡先

〒506-0025 岐阜県高山市天満町2−84

メール:shing118@music-inn-aisha.com​

電話番号:0577-32-0678  (Aisha)

Aishaアクセス

School営業時間

​15:00〜22:00

​お気軽にメールでお問い合わせください。

中村紳一朗JAZZPIANO教室連絡先

〒506-0824 岐阜県高山市片野町5−675

山王​児童公園よりすぐ、山王峠上がり口

メール:shing118@music-inn-aisha.com​