PIANO弾きの憂鬱

PIANO弾きは常に人の所有物を弾いている。MY PIANOなんぞ持ち運べる地位の人はほとんどいない。ホロビッツくらいか。もっと言えば、PIANOなんぞ元々無い現場さえある。

例えばPIANOがあったにしても、使い物にならない場合が多い。調律がしてなかったり、壊れていたりである。よしんば壊れて無くても、全く鳴らなかったり、こもってたり、鍵盤の反応が悪かったり‥‥。

昔々17才の頃、初めて銀座のトラ(エキストラ)に行った時は、真ん中のドとそのちょっと上のソの音が出なかった。何でっ???と中を覗いて見た。当たり前だ、弦が無いのである。銀座4丁目の超高級クラブなのに‥‥。オマケにPIANOが掘りごたつ風になっていてペダルも無かった。(T ^ T)。こんな事は日常茶飯事だった。

また何処か笹塚だったかのライブハウスに出た時は、弦はあるものの鍵盤が固まっていて、弾いた鍵盤を全ていちいち元に戻さないと次の打鍵が出来ない代物だった。それでも頑張って1時間半弾き終えたら店主がやって来て「いやあ、ありがとう!20年ぶりにPIANOの音を聴いたよ。」とか言われた。嬉しくも何ともない。

じゃPIANOが無ければどうするか‥‥、自前のエレピを持参するしか無いのだが、これがまためんどくさい。まず第一に電気じかけのPIANOなんぞ大嫌いだ!と言う基本的な前提の他に(シンセやオルガン、ローズ系は好き!)PIANO以外にアンプとかスタンドとかシールドとか電源とか‥‥いろいろ持って行かなければならないので面倒なのだ。今度ロスタでLiveがあるが、エレピ、オルガン、パワードアンプ×2、キーボードスタンド、アンプスタンド×2、モニターアンプ、モニター用スタンド、ミキサー、音源、譜面台、ライト‥‥ちょっと考えただけでも気が遠くなりそうだ。それも3階に上げなければならない。急な階段で‥‥。勿論ボーヤ(人足)など居ない。

かと言ってトランペットとかサックスとかの人を見てて羨ましいなぁとかは思わない。だってPIANOやキーボードが好きだから。さあ、Live 頑張ろう!!

Recent Posts