大瀧さん

昔、フォーク小僧だった頃、西岡恭蔵さんを知った。「街ゆき村行き」を毎日聴きまくっていた。大好きだった。細野さんもこれで知った。そしてそれからこのアルバムに出会った。もちろん最初は象さん(恭蔵さん)目当てで買った。はっぴいえんどは名前しか知らなかった。

それで聴いてみたら完全にやられてしまった。はっぴいえんどにではなく大瀧さんの「空とぶ・うららか・サイダー」にやられたのだ。何回聴いても飽きない。今だに飽きるどころか気持ちいい。それからはラジオで大瀧さんの曲をたくさん聴いた。お金がないので、もっぱらエアチェックしてカセットに録っていた。そうこうしているうちに布谷文夫さんも知った。「ナイヤガラ音頭」である。また、曲中いたるところでいろいろ聞こえる奇声?が布谷さんだった。アミーゴ!アミーゴ!大瀧さんの初期の作品には欠かせない人だ。大瀧ファンは大抵「A LONG VACATION」が好きなのだが、僕はやっぱり初期の大瀧さんが大好きだ。「NAIAGARA MOON」「NAIAGARA CALENDAR」「LET`S ONDO AGAIN」‥‥言うことなしである。今日も聴こうっと!

Recent Posts
Archive
Follow Me
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square