西田君(3)


勝手に観光協会が関ヶ原に行った時の一枚。

つい撮ってしまったのは、

あまりにも似ていたからである。

西田君にである。


亡くなって20年以上経つが

いまだに強烈なイメージを残している。


居酒屋やバーで飲んでいても

「飲ませてもらっとるんやからな。」

と店に対していつも遠慮していたな。


それといつも有馬さんと口喧嘩してた。

まあ、側から見てる分には

有馬さんが悪いのだが。


あまり自分のことを自慢することはなかったが、

おしっこが早いのは自慢してたな。

文化会館の照明のピンスポ担当だったから、

トイレは早い方がいいのだ。


それとJAZZなどでのソロ回しのピンスポには

かなり自信を持っていたな。


まあ、あれだけJAZZを聴きまくれば

自ずと身に付く技ではあるな。


雪が降ると西田君が逝った日を思い出す。

僕の部屋の中を鈴の音が横切ったのだ。

ゆっくり左から右へ目の前を横切ったのだ。


そのすぐあとお父さんから連絡がきて

「みんなに知らせてほしい。」

ということだったので

夜の朝日町へ出かけていった。