画鋲とマッチ箱


ステレオなる物が家に来たのは

小学5年の頃だった。

父ちゃんが気張って

買ってきた。

かなり嬉しかった。

が、持っているレコードは

小4の頃ジャケ買いした

ダニエルビダルの「ピノキオ」の

シングル盤だけだった。

でもその前に、

付いてきたお試しレコード

゛素晴らしきステレオの世界゛を

聴いてみた。

なんだか民族音楽みたいな奴も

入ってたけど、

一番ぶっ飛んだのは、

汽車が左の方から走って来て

目の前を通り

右の方に走り去った事。

なんで???

どおして???

まぁ、それがステレオなのだが‥。

そのカラクリが分かるのは

何年もしてからだった。

そんでそれからは毎日

おんなじレコードを聴きまくった。

しばらくして父ちゃんが買って来た

゛日本軍歌大全集゛も

聴きまくった。

それからは小遣いを貯めては

小坂楽器に走った。

当時、歌謡曲も好きだったが、

TVの歌番組で録音出来るので

(ラジカセではなくカセット録音機。

もちろんモノラル。せこいマイクで録る奴。)

テレビでは聴けない曲を集めていった。

ちょっとずつ集めて行って

コンプリート出来たのが

゛ジローズ゛。

(もちろんシングル盤。)

フォーク系の人達は

テレビに出ないから

レコードかラジオで録音してた。

あとは岩垣君から借りてきて

せこマイクをスピーカーに押し当てて

地道にカセットに録音した。

その後、母ちゃんが

毎月一枚づつ届く゛世界音楽全集゛

だかをとってくれて

期待して待っていた。

が、タンゴとかフラメンコとかが続き

辟易していたら、すんごくいい奴がきた。

゛パーシーフェイスの世界゛

これは良かった。

大好きになって

毎日穴の開くほど

聴きまくった。

すごく影響を受けた。

また、その頃は何も考えず

「レコードは一生良い音で聴ける!」と

思い込んでいた。

が、高校も過ぎると

レコードの劣化が気になり出した。

レコードはすり減るのだ!!

なので、買ってきたレコードは

すぐカセットに録音し

あとは大事にしまい込んでいった。

今、考えると40年以上前の

スティーリーダンの゛ガウチョ゛や

AW&Fの゛太陽神゛なんかが

今だに゛いい音゛で鳴っているのは

この゛まめな作業゛のおかげだろう。

さて、レコードで驚いたのは゛笑い袋゛。

よく祭りなんかで売っている

あの押すとガハハハと笑う奴。

子供の頃は、なんで鳴るのか

すんごく不思議で、

すぐに分解してみた。

そしたらわかった。

直径8cmほどのレコードが

入っていて、

スイッチを押すと針が落ち

それが増幅されて鳴っていたのだ!

単純に゛凄い!!゛と思った。

たかだか500円位のおもちゃの中に

こんな複雑な物が入っていたのだ!

レコードとプレーヤーと、

それにアンプが内蔵されてる

おもちゃだったのだ!!

あっ、そういえば

レコードがすり減るなんて

まったく気にしていなかった頃。

岩垣君と間所君と3人で

ある゛実験゛をした。

雑誌だかなんかに載っていた、

「カラのマッチ箱の中から画鋲をさし

それでレコードを聴こう!」

というもの。

これが鳴ったのには驚いた。


が、レコードが粉を吹いたのには

もっと驚いた!!

ちゃんちゃん。


Recent Posts
Archive
Follow Me
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square