煮込みとホッピー



ホッピー。

貧乏人の救いの飲み物。

ビールが高いから呑んでいた。

と言うより、ビールより早く

ホッピーにハマっていた。

んで、このクソ田舎でも

ホッピーを見つけたので

さっそくキンミヤと一緒に買い込んで

呑んでみた。

あれ?

うまくない!

焼酎もキンミヤなのに

なんで??どぉ〜して???

の謎が後で解けた。

煮込みがないのだ!!

「モツの煮込み」がないと

ホッピーの真の良さはわからないのだ。

お江戸では、どんな居酒屋にも

そこそこ旨い煮込みがある。

まぁ、50点から100点とピンキリだが‥。

ところがこのクソ田舎には

煮込みがない。焼き鳥もない。

そう言う正しい居酒屋文化がないのだ。

なので「とりあえず煮込みとホッピー!」

などと言えないのだ。

なので煮込み禁断症状が出る。

このクソ田舎には、あっても

「どて煮」と言う

真っ黒なドロドロのやつは

あるにはあるが、

それは全然別物で

名古屋特有の八丁味噌の