弾きまくってた頃


プロになって一番キツかった事。

それは六本木のクラブでの歌伴。

まぁ、そこの店は幸か不幸か

初見ではなかったのだが‥。

(普通、プロの現場は初見だ。)

と言うことはリハがあると言う事。

週に1、2回は居残り練習だった。

夜中1時に営業が始まって朝5時までの店。

んで、それからがリハだ。

1人や2人じゃない。

軽く20人くらい歌手がいた。

ホステスがほぼ全員歌手なのだ。

そのほとんどが順番を待っている。

なので終わるのが朝8時なんてぇのがザラだった。

その中には、あの「エヴァマリア」もいた。

エヴァさん、歌は上手かったなぁ。

(譜面は汚かったけど‥。)

11PMのカバーガールの佳の実もいた。

この頃はキツかったな。

半分寝ながら弾いてた。

バンドはTrioだった。

今、思うとかなり恵まれたメンバーだった。

名前は、38Trio のちに39Set。

当時みんな子持ちで(ここは奥深い話)

僕に亮太が生まれたので

子供の総勢が8人から9人になり

バンド名が変わった。

ベースは赤間君。

スタジオ系でドラえもんのベースも弾いてた。

ドラムは都築さん。

JAZZでPIT-INNにも出てるし

ROCK もやっていた。

なのでJAZZからフュージョン、

ROCKから歌謡曲まで

何でもござれの強者達だった。

その強者達を、