埋もれてる!?


懐メロが好きだ。


”演歌の花道”も大好きだ。


昔は演歌は苦手だった。


なので美空ひばりの良さなど

まったくわからなかった。

いろんな作曲家の良さも

全然わからなかった。


そんな時、大瀧さんの

”日本ポップス伝”を知った。


すんごく良くて何度も聞き直して

歌謡曲や演歌のルーツがわかった。


そして、苦手だった演歌も

楽しく聴ける様になった。


ここんとこの歌番組の

お気に入りは

”歌謡ベストテンDX”

”武田鉄矢の昭和は輝いていた”

”BS日本のうた”

”徳光和夫の名曲にっぽん”

そしてもちろん

”演歌の花道”。


ベテランはもちろんだが、

若い子にも上手い子はいる。


津吹みゆ、羽山みずき、三山ひろし

水森かおり、城南海、丘みどり‥‥etc


その中でもダントツなのが

市川由紀乃だ!


どんな歌でも歌いこなす。

演歌でもPOPSでも。


また、声も歌に合わせて

変幻自在に変わる。


丘みどりとの”ザ・ピーナッツ”や

由紀さおりとの”ベッツィー&クリス”など

デュエットものでのハモリも

見事である。


丘みどりもそうだけど

売れなかった頃の苦労が

歌を輝かせている様に感じる。


また由紀乃ちゃんは昔、

最愛の兄を亡くしている。

家は母子家庭だ。


奥深い表現などは

歌ってる人が奥深くないと無理。

と言うか苦労人がいい。


苦労して無いと、

いくらテクニックがあっても

心に響いてこないのだ。


最近いろんな番組を見ながら

何か気にかかると

すかさずコピーしている。


テレビのそばには

CP80が置いてあるのだ。


というかCP80の横に

テレビが置いてあるのだが‥。


それで最近驚いた事、それは

市川由紀乃ちゃん、

上の”ソ”を出していた!!


これは男で言えば”ド”に当たる。


小田和正でも達郎でも出せない

超ハイトーンなのだ!


由紀乃ちゃん、実は

下もかなり低い方まで

出せる。


音域が広いのだ!


すんごい娘が出てきた。

由紀乃ちゃん、売れなくて

引退して新宿の天ぷら屋で

6年間も働いていた。


ある日たまたま店長と話してて

昔、歌手だった事を打ち明けた。


そしたらその店長が

「絶対後悔するから

もう一度挑戦しろ!」

と言ってくれたらしい。


今の市川由紀乃があるのは

新宿の天ぷら屋の

店長のおかげでもある。


上手いのに売れなくて

埋もれてる人は

多いんだろうなぁ‥‥。

まぁ、いいか。


いや、よくないか。

ちゃんちゃん。




Recent Posts
Archive
Follow Me
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square