半音上げたら‥


今まで数多くの歌手と仕事をしてきた。

JAZZ、POPS、ボサノヴァ、サンバ、

ラテン、ROCK、FOLK、

オールディーズから演歌、歌謡曲と

いろんなジャンルの曲を演ってきた。

いろんな歌い手がいた。

あくびちゃんみたいないで立ちで

小さいバッグをグルグル回しながら

「おはょ〜!」と登場する

A生光希嬢。

(去年お亡くなりに、残念。)

この人の譜面は強烈だった。

BだとかC♯mだとか‥

とんでもないkeyだらけなのだ。

こちとら初見なのだ。泣


でも歌は好きだったな。

パンチがあって楽しかった。

名前は言えないが

「おはょ〜!」と入って来た時は

誰だか分からず、

化粧を終えて楽屋から出てきて

やっと誰だかわかる歌手もいた。

また、歌い手の中には

毎日いろんな現場を回っている人と

そのバンドの専属の場合があった。

専属歌手なら

少しぐらい難しい譜面でも

リハがあるから平気だ。

きついのは

毎日入れ替わりでくる歌い手達。

リハが無いのだ!!

初見なのだ!!