兄ちゃんが赤くなった


若い頃からいろんなバイトをした。


日通の引っ越しのバイト。

朝早く高田馬場の駅前に行って

手配師のおっさん達に振り分けられ

幌付きトラックの荷台にコンバットの様に乗せられ

どこかの現場に行く。

その際学生証や保険証を没収される。

逃亡を防ぐためか?


新宿の高層ビルの地下駐車場の深夜のバイト。

出入りの車両の受付が主な仕事だが

周りがおじいちゃんばかりだったな。

所長が巨人ファンで、巨人が勝つと夜食がでた。

(と言ってもインスタントラーメンなのだが‥)

なので真剣に応援した。( 阪神ファンなのに(T . T))

時給はなんと¥320だったと思う。

まあ、暇だからラジカセでコルトレーンを聴いてたな。

そのバイトで楽しかったのは

朝の見回りで乗り回すスーパーカブだった。

また朝丘めぐみさんに会えたのもいい思い出だ。


ところで拓郎。


小学5年の頃から大ファンだった。

ある印刷所で働いてた頃、

社長が言った。

「今日拓郎のお兄さんがくるよ。」

な、なんだって!

あの、赤くなった拓郎の兄ちゃんに会えるのか。

「兄ちゃんが赤くなった」と言う名曲があるのだ。

当時、バンド&印刷助手募集のアルバイトニュースで

勤めていた印刷所だった。

社長が昔プロのJAZZドラマーで

他にT.SAXのアルバイトもいて

昼休みには毎日セッションが当たり前だった。


それでワクワクして待ってたら

ハゲチャビンのおっさんが来た。

その人が拓郎の兄ちゃんだった。

かなりイメージは崩れたが、

それでも拓郎の実の兄ちゃんだ。

そしたら「お前ピアノならなんか弾け!」

と言われ枯葉かなんか弾いたら一言、

「下手くそ!!」

そう、兄ちゃんは学生の頃JAZZピアノ弾きだったのだ。

まあ、下手くそと言われ少し落ち込んだが、

その頃は本当に下手くそなのでいいのだ。


やっぱ兄ちゃんも拓郎に似ていて

口が悪いのだ。


ちゃんちゃん。



Recent Posts