モラトリアムタマ子


何気ない日常が描かれている映画が好きだ。

前田敦子演じるタマ子はいいなぁ。

この人のけだるい感じがかなり好きだ。

「モヒカン故郷に帰る」もよかったな。

また父さん役の康すおんもいい。いい味出してる。

山下監督は他に「リンダリンダリンダ」とか

「松ヶ根乱射事件」「御園ユニバース」など

いい作品が多いな。

おとといたまたま見たポン・ジュノ監督の

「吠える犬は噛まない」の主役ぺ・ドゥナもいい。

「リンダリンダリンダ」でも良かった。


ところで淀川さん。

遺言での「毎日一本映画を見なさい。」は

なかなか実行出来ないが、

おもしろい映画だと何度も繰り返し観ている。

最低3回、ものによれば3、40回は観る。

それだけ鑑賞に耐える力があるのだ。


黒澤明監督なら「醜聞(スキャンダル)」

川島雄三監督なら「須崎パラダイス赤信号」や

「幕末太陽傳」三木聡監督はほぼ全作品、

新藤兼人監督なら「どぶ」今村昌平監督なら

「にあんちゃん」浦山桐郎監督なら

「キューポラのある街」だ。


小学4年生の頃、深夜の映画の番組で

淀川さんがボロボロ泣きながら

チャップリンを語っていたのが

忘れられない。

Recent Posts