コードとスケールの蜜月な関係(6)ドミナントその4


ここまでで出てきたスケールは

イオニアン(=メジャースケール)

ドリアン

リディアン

ドミナントに特化した

ミクソリディアン

リディアン♭7

オルタードドミナント

であった。

さて、まだまだスケールは続くのだが、

ここで考え方をおさらいしよう。

G7を例にして見ると、

コードトーンは

ソ  シ レ ファ

Root 3rd 5th ♭7th

そんでオルタードみたいに

5thが無い時もある。

言い換えれば

Rootとトライトーンだけ。

使えるテンションは6つ。

♭9th 9th ♯9th ♯11th ♭13th 13th

ラ♭  ラ  ラ♯  ド♯  ミ♭  ミ

言い換えれば

11th以外のテンションはすべて使えるのだ。

なのでコレらを順列組み合わせしていくのだが、

面白いのは、AvoidNoteである11thが

入っているスケールもある!と言う事。

AvoidNoteは「伸ばせない音」なのだが、

そのスケールの特徴を表す音でもあり

「特性音」という側面も持っているのだ。

なので、イオニアンや

ミクソリディアンには

AvoidNoteが入っている。

さて、それではまず

Gミクソリディアンを見ていこう。