コードとスケールの蜜月な関係(5)ドミナントその3


誰も望んでないJAZZ理論だけど

やっぱり書きたいから書くよ。

ドミナントの性格、

それは響きが不安定だ!と言う事。

それを司る大事な音が

トライトーンの3rdと♭7thだ。

こいつらが安定した響きに解決したがるのだ。

この、トライトーンが解決することを

ドミナントモーションと言う。

んで、前に言った様に

ドミナントモーションによって

Keyが確立するのだ。

と言うことは、

それと同じトライトーンを持ってれば

同じ役割が出来ると言う事。

そんなものあるの???

実はあるのだ!

G7のトライトーンはシとファ

D♭7のトライトーンはファとド♭(=シ)

3rdと♭7thはと考えると反対だけど

どっちにしても減5度の不安定な音程なのだ。

同じなのだ。

この、「トライトーンが同じ」と言う関係を

ドミナントの代理コードと言う。

代わりが出来ると言う事。

Dm7 G7 CM7 いわゆるツーファイブワン

これのG7をD♭7に入れ替えて

Dm7 D♭7 CM7 としても

なんら機能的には変わらないのだ。


バイキンマンの代わりに

従兄弟の雑菌マン?が来ても

同じ役割が出来るのだ!