コードとスケールの蜜月な関係(5)ドミナントその3


誰も望んでないJAZZ理論だけど

やっぱり書きたいから書くよ。

ドミナントの性格、

それは響きが不安定だ!と言う事。

それを司る大事な音が

トライトーンの3rdと♭7thだ。

こいつらが安定した響きに解決したがるのだ。

この、トライトーンが解決することを

ドミナントモーションと言う。

んで、前に言った様に

ドミナントモーションによって

Keyが確立するのだ。

と言うことは、

それと同じトライトーンを持ってれば

同じ役割が出来ると言う事。

そんなものあるの???

実はあるのだ!

G7のトライトーンはシとファ

D♭7のトライトーンはファとド♭(=シ)

3rdと♭7thはと考えると反対だけど

どっちにしても減5度の不安定な音程なのだ。

同じなのだ。

この、「トライトーンが同じ」と言う関係を

ドミナントの代理コードと言う。

代わりが出来ると言う事。

Dm7 G7 CM7 いわゆるツーファイブワン

これのG7をD♭7に入れ替えて

Dm7 D♭7 CM7 としても

なんら機能的には変わらないのだ。


バイキンマンの代わりに

従兄弟の雑菌マン?が来ても

同じ役割が出来るのだ!


この代理コード、通常は「ウラ」とか

「ウラコード」と呼んでいる。

またG7をウラにした事で

Bass Line が半音下降になった。

レ→レ♭→ド

コレがカッコいい!

JAZZっぽい!

このウラコード、サイクルオブ5th

で考えると対角線にある。

が、面倒なのでコードで考えると良くわかる。

G7のコードトーンの中の

5thの音は「レ、D」

その半音下に「ウラ」はある。

なのでレの半音下はD♭、

D♭7が「ウラ」なのだ。

C7のウラはG♭7、逆も同じ。

と言うことはG♭7のウラはC7と言うこと。

表裏一体なのだ!

と言うことは12個あるドミナントも

ウラで考えれば6個だと言うこと。

さて長々とウラコードについて書いてきたが、

実はここからが本番、本当に言いたかった事はコレ。

リディアン♭7は、ウラコードから見ると

オルタードドミナント、

オルタードドミナントは、ウラから見ると

リディアン♭7になる!と言う法則だ。

G7のオルタードドミナントスケールは

そのままコードだけD♭7に変えると

リディアン♭7になっていると言う事。

この法則を覚えておけば

極端な話、G♭7のオルタードが分からなくても

C7のリディアン♭7が分かればいいのである。

同じ音なのである。

まぁ、もちろん両方ともちゃんと覚えるべきだが

なんたってスケールは莫大な量なのだ。

とっさに、こんな抜け道で切り抜けた事も

何度でもあるのだ。

さて誰も喜ばないJAZZ理論シリーズ、

次回は、いよいよコンディミ、

コンビネーションディミニッシュスケール

をやりますよ。

乞うご期待!(誰が!)

ちゃんちゃん。


Recent Posts
Archive
Follow Me
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square