コードとスケールの蜜月な関係(2)ドリアン


誰が喜ぶのかまったくわからないけど

自分が書きたいから書く事にするよ。

今回は2回目、ドリアンを解説。

有名な曲はと言えば、

ツェッペリンの「ノークオーター」

コルトレーンの「インプレッション」。

あとは、いわゆる Ⅱm7 Ⅴ7 (ツーファイブ)の

Ⅱm7の箇所で使う。

例えばDm7ならDドリアン

レ ミ ファ ソ ラ シ ド レ

Root 9th ♭3rd 11th 5th 13th ♭7th Root。

Dm7 のコードトーンは

レ ファ ラ ド、そこに

9th のミ、11th のソ、13th のシ

を加えればDドリアンが完成。

実は1990年頃まで

ドリアンのAvoid Note であった

13th のシの音は、Avoid では無くなったらしい。

今、読んでるバークリー系の本に書いてある。

理論は進化するのだ!!


言い換えれば、

人々の不協和音に対する免疫が緩むのだ。

余談だがsus4のサウンドの上部に

3rd が鳴ってるのも良くなったらしい。

これもバークリー系の本に載っていた。

確かに、よく聴くサウンドなのだ。

と言う事でDドリアンは

今日からAvoid 無しだよ。

まぁ、どうしてAvoid だったのか?

と言うと13th のシが伸びてしまうと

♭3rd であるファの音とで

トライトーンが出来てしまい

サブドミナントである Dm7 が

ドミナントの G7 のサウンドに

なってしまうためだった。