コードとスケールの蜜月な関係(1)リディアン


みんながムズイと言う

スケールについて

コードから解説するシリーズ。

その1。

きっと目から鱗のはず。

では、わかりやすくCで説明。

Cのコードトーンはドミソ。

そこに6thのラとM7thのシをたす。

それから9thのレもたす。

そうするとドレミソラシド

とスケールっぽいものができる。

まぁここにファを足せば

メジャースケールなのだが、

ここで理論的に言うと

ファは11thなのでCでは伸ばせない音

Avoid Note となる。

なので本当は入れたくないんだけど、

ただ、ファは大事なサブドミナントの音なので

入れる事になる。

これでCメジャースケールができた。

別名Cイオニアン(モード)。教会旋法。

厳密に言えばファはAvoidだが‥。

そんでJAZZではAd-libする時

Avoidを嫌う傾向があるので

11thを半音上げて♯11thにする事が‥。

ここで11thについて少しだけ。

11thはマイナーコードに合う音。

すんごくカッコいいテンションだ。

なのでメジャーコード

要するにmがついてないコードには使えない。

そこで半音上げて♯11thにするのだ。

♯11thは不思議な音。

SFっぽい、宇宙っぽいサウンド。

11thであるファが♯11thであるファ♯になり

Cメジャースケールは

ドレミファ♯ソラシドになり、

名前が変わってCリディアンとなる。

ただ、ここで問題が‥。

KeyがCなのにファ♯の音なんか鳴ると

KeyCが壊れてしまうのだ。

なのでこのリディアンは

コードCでは使えず(エンディングならOK)

サブドミナントであるFで使う事になる。

Fはファラド、そこに

6thのレ、M7thのミ、9THのソ

それからお待ちかねの♯11thのシ

を並べると

ファ ソ ラ  シ ド レ ミ  ファ

Root 9th 3rd ♯11th 5th 6th M7th Root

となり、Fリディアンの完成。

もちろんAvoid無しなので

すべての音を自由に使える、伸ばせる。

そして全部Cメジャースケールの音なので

keyCが壊れないのだ。

なのでCのkeyでFM7なんか出てくると

FリディアンでAd-libしまくるのだ。

ついでに言うと、Fリディアンの中には

Gのコードトーンであるソシレが入っているので

FM7のコードの上でGのコードが鳴らせるのだ。

なのでAd-libでもGのコードをバラしてバンバン使う。

こう言うやり方を

アッパーストラクチャートライアド

(上に存在する3和音)と言う。

さて、音符なしでの説明は

かなりムズイものではあったけど

♯11trhはリディアンスケールに含まれる

と言う事がわかったところで今回はおしまい。

♪ムーンリヴァー◯←ここが♯11th。

聴いてみてね。

ちゃんちゃん


Recent Posts
Archive
Follow Me
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square