カセット工場


いくら「俺はプロだ!」と意気込んでいても

仕事が無ければアルバイトだ。

窓拭きは怖くて一日で辞めた。

深夜の駐車場は時給が¥320だった。泣

N通の引越しは、おっさん達の奴隷だった。

まあまあ続いたのは、

洋服屋の店員とカセット工場だ。

洋服屋はやっぱり社員の小間使いだった。

いくら売り上げても時給は¥500だった。

意地悪な社員がいっぱいいたな。

よく売り上げを横取りされた。

カセット工場でも嫌な社員がいっぱいだった。

スチューダーのデッカい録音機で

倍速で録音していく。

もちろん、太く巻いたオープンテープに

カセット何十本分かをいっぺんに録音していく。

俺は奴隷扱いなので

巻きの崩れたオープンテープを修復したり

何レーンかあるスチューダーの列で

滞っている列を手伝ったりさせられた。


また、まだテープを仕込んでない

空のカセットの消去防止爪を

死ぬほど割ったりもしてた。

辛かったのは、目の前が換気扇で

外には吉野家の厨房の換気扇があった事。

いくら大好物でも

四六時中、牛丼の匂いが顔を直撃するのは辛い。

工場は殺伐としていて

今までアルバイトしてた中でも

一番最悪な雰囲気だった。

誰もほとんど喋らず

黙々と仕事をして、休憩には

女子のくせに所構わず

段ボールを敷いて寝てる奴もいた。