インスタント沼


日本映画が大好きだ。

黒澤作品は全部みた。

昭和のモノクロ映画、貧乏映画、

暗い映画、ATG作品‥いろいろ好きだが、

たまに三木聡作品の禁断症状が出る。


特に「亀は意外と速く泳ぐ」「転々」「図鑑に載ってない虫」

と「インスタント沼」だ。


黒澤作品とは対極に位置する作品ばかりだが、

何度観ても飽きない。飽きるどころか新しい発見がある。

三木監督は細部にこだわるので楽しいのだ。

特にこの「インスタント沼」など見所いっぱいだ。


僕は好きな映画だと30〜40回は観るのだが、

細かく観たい時はいちいち画面を止めている。


それほど小物やインテリア、デザインにこだわりがあるのだ。


ところでオカルト。

オを取るとカルトになってしまうが、

僕が好きなのはオカルトだ。


昭和4,50年代にテレビっ子だった奴は、

必ずオカルト好きになる。

「あなたの知らない世界」や「木曜スペシャル」を

真剣に見ていたのだ。


この「インスタント沼」はオカルト映画ではないが、

不思議な事は何回か起こる。

別に怖くはないが、楽しいポイントの一つではある。


日常のゴタゴタや練習で疲れた時は、

この一連の三木作品がおすすめだ。