アポロ11号


アポロが月に行った時は興奮した。

毎日、テレビの前に釘付けだった。

1969の7/20かぁ、夏休みの直前だったんだなぁ。


その後、やけに宇宙に興味が沸き、

学研の「科学」の付録で付いてきた

天体望遠鏡で夜空を眺めてみたのだが、

セコすぎて月のクレータさえ見えなかったな。

んで間所君が本物の天体望遠鏡を持ってると聴き

頼み込んで借りてきて月をみた。

でも期待してたほどには見えなかった。

僅かにクレーターがデコボコしてた。

アポロ11号が大ウソで

捏造されたものだと言う意見もある。

星条旗がはためいてたり

影の角度がおかしかったり‥。

でも、もしあれが嘘なら凄い!!と言える。

世界中を騙した事になるからだ。

それにしても宇宙は広い。

太陽系でもだだっ広いのに

宇宙には銀河が集まった銀河団てのもある。

またそれがいっぱい集まって

無限に広がってるらしい。

宇宙の地図を見たことがあるが、

とてもじゃないが想像出来ないし

理解出来ないなぁ。

ところで、宇宙もおもろいけど量子の世界も

訳わからないけど興味はあるなぁ。

ハドロン加速器とかで量子を加速して

衝突させるとブラックホールが出来るとか‥。

ただでも細かくてまったく理解出来ないのに

その細かい量子を、あんな山手線くらいある

ながぁ〜い筒の中を光速に近い速度で走らせるって。

シュレーディンガーの猫じゃないけど、

量子って、そこにあると思うと無くなって