​ShingChangの独り言

February 27, 2018

ピアノを弾く時、絶対必要なのがペダルである。通常は右側のペダルを多用する。これは簡単に言えば「音を伸ばす」言い換えれば「弦のミュートを外す」という機能である。もちろん踏めば弾いたその音が伸びるのだが、それとともに、弾いてない全ての弦にも音が共鳴して豊かな響きが生まれるのだ。ただ、やみくもに踏むわけではなく、コードの変わり目やメロディーが濁りそうな時には踏み変えるのである。この通称「サスティーンペダル」実は僕はかなり得意である。完全に無意識で操作出来る。

ところがROCKBANDなどキーボードを多用する場合は、そう簡単には行かない。右足...

February 21, 2018

懐メロは何故か毎日聴いてても飽きない。もう毎日聴いてるから懐かしくはないのだが、いいのだ。やっぱり子供の頃聴いたから余計にいい曲に聞こえるのかなぁ。曲ごとにその頃の事、例えば季節とか時間とか匂いとか、果ては好きだった初恋の人とか‥‥。

僕のお気に入りの作曲家は、まずは村井邦彦さん、それから筒美京平さん、そして宮川泰さん、吉田正さん、中村八大さん‥‥勿論、ユーミン、拓郎、象さん、大瀧さん、外国ではバートバカラック、スティービーワンダー、キャロルキング、エリッククラプトン、モーリスホワイト etc‥‥。まあメロディーもさることながら、アレ...

February 17, 2018

もちろん、そんなものは無い。だいたいピアノを初めたのが小学校高学年なのだ。そうゆうものは3歳位から音楽を習った人にしかつかないものなのだ。

昔、S美に入ってすぐの頃、クラス何十人かで居酒屋に行った。そしたら5分も経たないうちに突然、一人の女の子が立ち上がって叫んだ。「ここの音楽、1ヘルツ高いんです!」そして、そそくさと帰ってしまった。高卒すぐの自分には、それがまったく理解できなかった。今ならわかる。要するにその子は440hz育ちなのだ。たぶん家のピアノの調律が440hzだったのだろう。

僕なんかは何hzだろうとまったく気にもならないのだ...

February 13, 2018

高校の頃まではC△7とかA-7とかの△7や7は、よく解らなかったから省いて弾いていた。

それでも赤い鳥の「忘れた朝」とかを聴くと、どうもそこらへんが「あのいい感じ」を醸し出しているらしいのは解っていた。

BANDで「エリザベスリードの追憶」をやった時もかなり悩んだ。A-7なのにBやDの音が鳴っているのだ。それもかなりカッコ良く響いているのだ。

二十歳を過ぎた頃、やっとその秘密が解った。いわゆる「テンション」と言うものなのだ。それからもっと勉強していろいろと解った事は、コードの上にコードを積み重ねるやり方、いわゆるアッパーストラクチャートラ...

February 6, 2018

お亡くなりになってかなり経つが、深町さんとは昔から縁がある。

深町さんと言えば井上陽水の「断絶」や「氷の世界」などへの参加が忘れられないが、初めてお会いしたのは僕が24歳位の頃手伝っていた「豆千代楽団」がラジオに出た時だった。特別ゲストが深町さんだったのだ。

高田馬場の某公会堂での公開生放送だったのだが、当時「豆千代楽団」は顔に色々塗りたくるバンドで楽屋で顔にペイントされていた時、深町さんに一言「君達、塗るんならもっと綺麗に塗りなよ。」と言われたのが出逢いだった。とにかく「豆千代楽団」は顔にデタラメに塗られるバンドで自分もかなり嫌であっ...

February 1, 2018

高2の頃、スティーリー・ダンのガウチョを買いに岡兵楽器に行った。レコードーの棚を漁ってガウチョを見つけた時、同時にレコードを掴んだ人がいた。今村のトシちゃんである。もちろんその時は全然知らない人だった。トシちゃん曰く「今シュガーヒルでかけるんなら譲るよ。」との事。それで当時昼間もやっていたシュガーヒルに二人で行ってマスターにかけてもらったのでした。いい音だったなぁ。そのあと自分ちのチープなステレオで聴いた時の落差は強烈だった。

トシちゃん話はいっぱいあるのだが、またにしておいてJAZZ喫茶の話。当時はイルミネと言うJAZZ喫茶もあって...

Please reload

Recent Posts

June 30, 2020

June 14, 2020

Please reload

Archive
Please reload

Follow Me
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square